2012年10月01日

ブロードウェイと銃弾

数あるウッディ・アレンの映画の中で、大好きな作品の一本である。
彼独特の諧謔性に富んだ傑作と言える。

劇作家のデイヴィッド(J・キューザック)の新作に、スポンサーであるマフィアのボスが自分の情婦オリーブを出演させろと要求してくる。しかいこれがどうしようもない大根役者で、しかもボディガードのチーチ(チャズ・パルミンテリ)が演出に口を出してくる。
弱り果てたデイヴィッドだが、チーチの言うことが的を得ていて、芝居は大成功を収める。チーチは秘めていた才能に自ら気づいていく。そしてオリーブの演技に怒ったチーチは彼女を殺してしまう・・・・。

三谷幸喜の映画を観ていると、かなりウッディ・アレンの影響を受けているように思う。
おそらくこういったブラックで、皮肉とウイットに溢れたお洒落で、都会的な作品をつくりたいのではないのだろうか。

juudann.jpg



posted by @せ at 21:49| Comment(0) | 映画だっ! | 更新情報をチェックする

私のお気に入り  照明篇 その1

吹抜や、天井に照明を付けられない場合にワイヤシステムを使用している。
器具を小さく出来るのでインテリアとしても優れているし、増設も可能なので
重宝している。

waiya-.jpg

s-n2.jpg
居間の吹抜に使用した。

i3.jpg
天井に照明をつけるのが困難だったので、ワイヤシステムを採用した。



posted by @せ at 21:17| Comment(0) | 建材あれこれ | 更新情報をチェックする