2012年12月26日

監督は最後に何を撮ったのか。 その4

チャップリン『伯爵夫人』
A-Countess_R.jpg

正直この作品を未だ観ていない。チャンスは何度もあったのだが、その気にならなかった。
チャップリンは身体のみで、人間の喜怒哀楽を完璧に表現出来た。
僕の映画体験の中で、ベストワンにあたる『街の灯』は無声映画にも拘らず、たまらなく饒舌だった。
だが、トーキーによって実際の‘言葉’を手にした途端、その表現力は落ちていったように思う。
『独裁者』で徐々に失望を覚え始め、『殺人狂時代』で完全なものになってしまった。
『ライムライト』で多少は持ち直したが・・・。
チャップリンはピカソと並ぶ20世紀最高の芸術家だと思う。
もう彼のような、神に選ばれた表現者は出ないのだろうか。

ダウンロード_R.jpg
映画史に残る『街の灯』のラストシーン。



posted by @せ at 22:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

N4-House


DSC02261_R_R_Rnew2.JPG

久し振りの現場報告です。
一週間ほど前に基礎の配筋検査も終わり、来月には建前です。
お施主さんは、若いご夫婦と子供たち3人の非常に仲の良いご家族です。
2階にLDKを配置し、陽当たりが良く、風の通る快適な家になります。
完成するとこんな感じになります。

1_01_R.jpg
道路側から見たところ。


posted by @せ at 13:12| Comment(0) | ただ今建設中 | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

コンペ

なんとかコンペの締め切りに間に合った。
この一週間、3台のパソコンは24時間フル稼働状態。透視図のレンダリングにやたらと時間がかかるのだ。
僕の場合、往生際が悪いというのか、ギリギリまで手直しするので印刷屋さんに出力を依頼する訳にいかず、畢竟自分で打ち出すことになってしまう。
悪夢のように遅いインクジェットプリンターを横目に、やしきたかじんの歌を聴きながら待っていると、インクが無くなった。買い置きは・・・な、無い!夜中やで!
で、次の日朝一番でヤマ電に走る。
もうこれでいけると思っていると、今度は紙が無くなる。また、ヤマ電に走る。
いつもコンペの度にこんなバタバタした様相になってしまう。学習能力が無いんでしょうな。

posted by @せ at 00:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする