2013年03月29日

まともな小噺その5


ある夜、殺し屋が夫婦の住んでいる家に忍び込んだ。
彼は奥さんにナイフを突きつけ、
「殺される前に、名前を言え!」と言った。
彼女は震えながら、「エリザベートです。」と答えた。
殺し屋は「お前の名前は俺のお袋と一緒だから、殺せないな。」
そこで今度は、夫にナイフを突きつけて
「殺される前に、名前を言え!」と言った。
夫は震えながら答えた。
「こ、こ、戸籍上はフィリップですが、ふ、普段はエリザベートと呼ばれています!」



posted by @せ at 22:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

まともな小噺その4


医師「いいニュースと悪いニュースがあります。最初にどちらのニュースを聞きたいですか?」
患者「……悪いほうをお願いします。」
医師「あなたの両足を、膝上から切断しなければなりません。」
患者「あぁ、なんてこった!……いったい、どんないいニュースがあるというのですか?」
医師「隣のベッドの人が、あなたの靴を買いたいそうです。」

posted by @せ at 22:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

まともな小噺その3


医師「良いニュースがありますよ、ミセス・ボンド。」
女性「失礼ですが、私はミス・ボンドです。」
医師「でしたら、悪いニュースがあります。」

posted by @せ at 22:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。