2012年09月22日

寝ずの番


全篇隠語の連続で、テレビで放映されることは今後一切無いと思われる。
だが決して猥褻にはならず、数ある落語家を主人公にした映画の中ではこれが一番好きだ。

死の床についている上方落語の大師匠・笑満亭橋鶴(長門裕之)が、ある日
「そ・・そそが見たい・・」と苦しい息で叫ぶ。
さすが女遊びの限りを尽くした師匠だけのことはある、と納得する一同。
『そそ』とは京都弁の女性器を表す隠語である。
一番弟子・橋次(笹野高史)は、一番近くに住んでいるという理由で橋太(中井貴一)に
白羽の矢を立てる。
泣く泣く家に帰った橋太は、師匠に見せてくれるよう女房の茂子(木村佳乃)に頼む。
最初は嫌がっていた茂子だが、「あんたの師匠のためや!」と引き受ける。

下着をとって橋鶴の寝ているベッドに跨り、思い切ってスカートをたくし上げる茂子。
びっくりする橋鶴。
「師匠、どうですか。そそですよ。」と尋ねる橋次。すると、
「ア・・・ア、アホンダラ!わ、わしはそとが見たいというたんや!」
目が点になる一同。そして、橋太の顔面に茂子のパンチが飛んでくる。

という具合で、ちょっとエッチで危ないエピソードの連続だが、爽やかでホロッとさせてくれる秀作である。

寝ずの番.jpg
中島らもの原作を第一回監督作の題材に選んだマキノ雅彦(津川雅彦)のセンスの良さに感服。


posted by @せ at 11:09| Comment(0) | 映画だっ! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください