2012年10月15日

どんでん返しの名画たち その4

『サイコ』
s-saiko.jpg

特に申し上げることは何もない。スリラー映画の定番中の定番、スタンダードと言っても良い傑作。
JAZZで言えば『枯葉』や『サマータイム』、フォークで言えば、『友よ』や『遠い世界に』、
ロックだと・・・・うっー、出て来ない。
とにかく凄い作品なのだ。
『サイコ2』『サイコ3』と後年シリーズ化されるが、だんだんとA・パーキンスが善人になっていくのがどうも解せないB級作品だ。

『LAコンフィデンシャル』
s-LAconfi.jpg

同級生のHさんオススメの映画。
オスカーの作品賞を獲るのではと下馬評も高かったが、『タイタニック』にしてやられた。
僕は『LA・・・・』の方が断然好きだが。
出演は、ケヴィン・スペイシー、ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース・・・・・。
特にR・クロウとG・ピアースのオーストラリア人俳優にとっては、ハリウッドにおける大出世作となった。
それから‘豚のベイブのおじさん’にとっても。


posted by @せ at 20:29| Comment(0) | 映画だっ! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください