2012年11月21日

桂楽珍


桂文珍の弟子・楽珍の若い頃のエピソード。
ガールフレンドをアパートに連れ込んでいると、郷里から突然両親がやってきた。
「その娘はいったい誰だ!」と気色ばむ父親に、慌てた楽珍は
「い、いもうと!」と叫んだらしい。

こういうことがあるので、人の部屋を訪問する時は前もって連絡しましょう。

rakutin.jpg

posted by @せ at 17:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください