2013年03月23日

まともな小噺その2


朝食中、夫が広告を見て言った。
「見ろよこれ。タイヤの激安セールだって。欲しいなぁ!」
「何のためにタイヤなんか買うのよ!車なんてないのに、バッカみたい!」
夫はムッとした顔で、
「お前がブラジャー買うのに、俺が文句言ったことがあるか?」


ウェイターがスープを運んできた。スープに突っ込んでいる親指が客の目に止まる。
「おいおい。スープに親指が入ってるぞ!どういうつもりだ?」
「親指の調子が悪くて……。医者に言わせると、湿ったとこで温かくしとかなきゃだめらしいんです」
「じゃあ自分のケツにでも突っ込んでろ!」
「ええ、スープが出来上がるまで、そうしてました。」



posted by @せ at 21:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。