2012年08月10日

収納を考える

住宅の設計で一番頭を悩ませるのは収納だ。余裕のある敷地でゆとりのある設計が出来ればさほど問題にはならないが、市街地の狭小敷地で限られた大きさの家であるとたちまちプランニングの要となる。
そこで最近取り組んでいるのが、ロフトの活用である。

周囲に建物が建て込んでいるような場合2階にLDKを配することがある。明るさとプライバシーを確保するための常套手段なのだが、この上にロフトを設ければ収納の問題はかなり改善される。

但し、法律上の規制があるので注意が必要だ。
その1 天井高さは1.4m以下とする。
その2 広さは直下の階の1/2以下とする。
これらから逸脱すると3階建てと見倣され構造基準が厳しくなり、コストに跳ね返る。

収納物が少ない間は子供たちの格好の遊び場になり、旦那さんの寝室にもなる。
デザイン的にも面白く、なかなか魅力的な空間である。

_DSC0400.JPG 梯子の上の暗い所が12.5畳の広さのロフト









_DSC0084.JPG ロフトから見下ろす

_DSC0178.JPG 収納をロフトに集約することで広さに余裕が生まれ居間の一角に、天窓のある書斎コーナーが出現する


















posted by @せ at 18:35| Comment(0) | 住宅設計あれこれ | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

なぜ“平屋”を建てるのか?

平屋にはいくつか魅力がある。
その1  二階建てに較べて地震に強い。
その2  バリアフリーになる。
その3  なんといっても形が美しくなる。
ただ建築費の坪当り単価が高くなるし、敷地も広くなければならない。故にいつも平屋という訳にはいかない。
今回は御夫婦二人で、中庭を設けた住まいである。
平屋建ての場合中庭を設けるケースが多い。各部屋に光と風をいきわたらせるには有効な手段となる。
居間、個室を中庭の周りに配していることで、明るさと換気を確保している。

s-IMG_2954.JPG

s-IMG_2969.JPG

s-IMG_0147.JPG

s-IMG_0195.JPG
posted by @せ at 17:41| Comment(0) | 住宅設計あれこれ | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

ブルータルな空間に挑戦

昔からブルータル(=荒々しい)な空間への憧れがあったがなかなか実現できずにいた。
だが鉄筋コンクリート住宅の改修設計をすることになり、デザインに造詣の深いお施主さんのお陰で挑戦することが出来た。
設計打合せを重ねる中で、中途半端な仕上げをするぐらいならいっそのことコンクリートを剥き出しにしてみたいという欲望にとらわれることになった。結果、柱・梁・天井の仕上材をはがして打ち放しをそのまま見せている。
なかなかいい感じに仕上がったと思っている。

s-DSC_8941-2.jpg

s-DSC_8853-2.jpg

s-DSC_8792-2.jpg
posted by @せ at 19:03| Comment(0) | 住宅設計あれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。