2012年09月07日

Y教会建築プロジェクト

様々な理由から実現しなかったプロジェクトについてこれから書いていきたいと思う。

眉山の麓にあるキリスト教会の建替え計画である。
老朽化した礼拝堂を解体し、新たに新築する計画を依頼された。
信者さんの駐車場・集会場・牧師さんの住居等も合わせて構想した。
礼拝堂を円形にしたのは、敷地形状に合わせるためと、神の求心性というメタファ
を形にするためである。
円とリニアな廊下、直方体の住居・管理棟という構成にしている。

s2.JPG
左から駐車場、住居・管理棟、礼拝堂。

s1.JPG
円形が礼拝堂。背の低い窓から光を入れる。

s3.JPG
リニヤな廊下が円形の礼拝堂に向かう。




posted by @せ at 18:31| Comment(0) | Unbuilt Project | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

佐那河内村小中一体型校舎設計コンペ

様々な理由から実現しなかったプロジェクトについてこれから書いていきたいと思う。

『佐那河内村小中一体型校舎新築事業設計コンペ』は平成20年9月から募集開始となり、
23社が応募。そして、11月4日に1次審査(6社を選出)、12月7日に2次審査(プレゼン)が行われた。
幸い1次審査に通ったので、模型やA1版の図面を作成し2次審査へと臨んだ。

大阪池田小学校の事件以来、小学校は閉鎖的になってきている。ガードマンが警備をしている例もある。
本当にそれで良いのか、というのが出発点だった。
閉鎖せずに、学校を村に対して開き子供たちの安全を確保しうる方法は何かと考えた。
そこで、校庭の一部に公園を作り地域の方々や隣の保育園の出迎えの方に利用してもらうよう提案した。
お年寄りにも積極的に活用してもらうことで子供たちは安心し、不審者の早期発見にもつながると考えた
のである。

校舎は南側に敷地に沿った円弧状のものとした。屋根は緑化し、背面の山と同化するように計画した。
校舎内の廊下を広くし、交通だけの空間から遊びの空間への転換を試みた。
教室の前にはウッドデッキを設けて、園瀬川との交感を演出した。

結局採用には至らなかったが学校建築計画の知識も得られ、そして何より自分の至らなさを知ることが
出来た。いい勉強になったと思う。

s-IMG_3303.jpg

s-R0010267.jpg

s-sanagouchi-2.jpg



posted by @せ at 17:39| Comment(0) | Unbuilt Project | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。