2013年06月02日

月に一度のおしゃべり交流会

今日は『東ベルリンから来た女』の品評会になりました。
特にどうという作品ではなかったなぁ!ということで意見がまとまりました。
あとは橋下発言とか、『東京家族』とかの話になりました。
『砂の器』は果たして傑作なのか議論になりかけましたが、皆さんお酒が入っているので中途半端で終わりましたわ。

s-942519_381320058639535_359110963_n.jpg

酔って撮影したので、ぶれてます。


posted by @せ at 10:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

久しぶりの投稿ですいません

リクエストがあったので、久しぶりに小噺を。

スミス夫婦がアラブの国を旅行中、見知らぬ男に声をかけられた。
「ドチラから?」
「アメリカです。」
「オー、すばらしい。オクさん、とっても美しい。」
「まあ、うふふ・・・・。」
奥さんが照れていると、男は真剣な顔で言いました。
「ワタシ、このオクさん、ほしい。代わりにラクダを100頭あげる。この取引、イカガ?」
夫は黙り込み、ずいぶん長い沈黙のあとで言った。
「……いや、そんな取引は無理だ!」
男があきらめて立ち去った後で、奥さんは尋ねた。
「うれしいわ、あなた。でも、すぐにダメって言えばよかったのに、どうしてあんなに時間がかかったの?」

「100頭のラクダを連れて帰る方法を、一生懸命考えたんだが……」
posted by @せ at 11:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

まともな小噺その5


ある夜、殺し屋が夫婦の住んでいる家に忍び込んだ。
彼は奥さんにナイフを突きつけ、
「殺される前に、名前を言え!」と言った。
彼女は震えながら、「エリザベートです。」と答えた。
殺し屋は「お前の名前は俺のお袋と一緒だから、殺せないな。」
そこで今度は、夫にナイフを突きつけて
「殺される前に、名前を言え!」と言った。
夫は震えながら答えた。
「こ、こ、戸籍上はフィリップですが、ふ、普段はエリザベートと呼ばれています!」

posted by @せ at 22:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。